道新太郎

記事一覧(60)

☆★若手担当から★☆自分の就きたい企業とは…?

3月1日の情報解禁から2週間が経ちましたね。就活生の皆さんはきっと合同企業説明会に参加し、各種就活サイトでどんな企業が募集をかけているかチェックしていることでしょう。(まだ動き始めていない皆さん!もう就活始めないと遅いですよ!!)そんな時に、ふと思うはず。「自分の就きたい企業って何だろう…?」就きたい業界、企業、業種が決まっていてどんな仕事をしたいのか、入社してどんな仕事をしているのか、明確にイメージできている人はそうそういません。(イメージできていて、うまく伝えられれば、まず面接はうまくいくはず)かくいう私も、正直入社後の自分がイメージできないまま面接を受けていました。特に、早々に落ちた企業。何となくエントリーして何となく面接を受けたところはことごとく落ちました。見抜かれていたんですね。自分が就きたい企業が見えていない人は、一度仕事内容以外の点も見てみてください。転勤の頻度、職場の場所、勤務制度など、どこか一つでも「こだわり」を持っていると受けたい企業が見えてくるかもしれません。「私は絶対に北海道で働く!」と決めていると働いているイメージがちょっとでも見えてきませんか?もちろんそれだけでは志望動機としては弱いです。企業研究を進め、「仕事している自分」のイメージを強くしてください。入社後、入社案内のWEBサイトに自分の写真が載っていることを想像してみてください。自分が笑顔で働ける企業だなぁと思ったらエントリーしましょう。

☆★若手担当から★☆ 自分の就活を少し紹介します

3月1日の就活解禁日から1週間が経過しました。 街を歩いていると、就活スーツを着た学生を多く見かけます。 私も、つい3年前は就活生だったな~と懐かしく感じています。 今回のブログでは、若手担当が自分の就活を少し振り返ってみます。  私が就活で初めに取り掛かったのは「自己分析」の作業でした。 就活では自分と企業とのマッチングがとても大切です。 イメージやブランド力だけで企業を選び、就職することができても、こんなはずじゃなかった…と感じてしまっては勿体ないです。 ミスマッチを起こさないために、「自分」と「企業」をしっかり研究しましょう。  「自己分析」をするにあたって、私はノートを使って生い立ちを書き出しました。 過去の行動や出来事から、何が好きで、何が得意不得意か…自分を見つめ直すいい機会になります。 ESや面接の対策にもなりますし、自分のやりたいことに気づくことができるかもしれません。  「企業、業界研究」には、新聞がとても役立ちます。 経済面はもちろんですが、電子版の検索機能を使うと 時系列で志望企業の動きを追うなど、的を絞って情報を得ることができます。  来週13日は道新就活講座最後のオープン講座 。 申し込み締め切りは10日です。 参加お待ちしております♪

いよいよ就職活動が本格化する3月1日です!

北海道新聞社の若手社員がちょっとだけアドバイスしたり、自分の就活を振り返ったり、後輩就活生の様子をちょっとだけ紹介したり、本ブログで「☆★若手担当から★☆」メッセージを送っていきたいと思います!さて、ついに「エントリー」が始まりましたね。きのうまでは各種就活サイトや説明会、インターンシップなどで「どこに勤めたいかな」と探していたことでしょう。今日からは「エントリー」することで企業から選ばれる立場になります。とはいうものの、硬くなる必要はないと思います。道新就活講座に参加していただいている就活生のみなさんを見ていると必要以上に硬くなったり、緊張で声が小さかったりと、「失礼があってはいけない」と思いすぎているように見えます。就活で大事なのは、自分がこの会社に入ってどんな仕事をしたいか、自分がこの会社に入って何ができるのか、なぜこの会社には入りたいのか、これらをしっかり伝えることです。ビジネスマナーばかり気をつけ、「話せていない」就活生が多いです。ビジネスマナーは「最低限」が身に付いていればOKです。(もちろん、ビジネスマナーを重視している会社もありますが)それよりも自分の考えを伝えられるようにしましょう!道新就活講座では何を伝えるべきかをより具体的に教えていますよ!